地震を予知することができる|サービスを駆使しよう

前兆現象から発生を予測

グラフ

宏観異常現象との関連性

地震の研究において、地震予測は大きな位置を占めています。現在、地震学的観点から予測は確率論的予測と決定論的予知の2種類に区分されています。確率論的予測とは発生時期、場所、大きさの三要素が確率的に示されて、数十年という長期的予想を含めたものを意味します。決定論的予知とは上記の三要素を正確に明示するものを指し、地震予知と呼ばれています。両者の関係性から、極めて精度が高い確率論的予測が地震予知と言えるでしょう。自然現象の解明には、測定されたデータから法則性を見付ける事が必要です。多くの要因が複雑に絡み合って発生する大地震のような大規模な現象の解明には、膨大な数のデータが必要となります。しかし、研究が始まって100年余り、本格的に観測が開始されて50年程しか経っておらず、その間に発生した大地震も極僅かな事もあり、現状では発生の法則を定義付けるまでのデータが取得出来ていません。そこで今、発生前に多く確認されている宏観異常現象と呼ばれる前兆現象に大きな関心が寄せられています。宏観異常現象には民間伝承として昔から知られている地鳴りや奇妙な虹・雲の発生、動物の異常行動といったものから、特殊な設備を用いて観測される地電流・地磁気の変化や帯電粒子の放出、地表の隆起などが挙げられます。現在、これらの現象を事前にキャッチする事で地震予知を知らせるサービスが様々な研究機関などで行われています。遠からず必ず起こると予想される大地震に備えて、これらの予知サービスを利用してみるのもよいでしょう。またネット上で地震予知を行っているサイトもありますが、これらを確認するときはきちんとした研究データに基づいているか判断してから、参考にするといいでしょう。

災害

予測は絶対ではない

現在の技術では地震が発生する場所や日時や規模を確実に予想する技術はありません。しかし地震予測の情報は何の根拠もない情報ではなく、周期性のあるとされる地震を過去の情報から予測したり、GPSを使った隆起量から予測したものです。そのため、ある程度の目安になる情報と言えます。

ヘルメット

精度はまだ低い傾向

関東地震は地震大国における日本において高い関心があるものです。いつ発生してもおかしくないとされていることから、研究家たちがそれぞれの方法で予測情報を配信しています。これらを参考にすることで、地震に対する防災意識を忘れることなく、備えられるのです。

地震被害

日常的な備えとして活用

現在はインターネットを利用した地震予測サービスが存在しており、誰もが負担のない料金で利用できるようになっています。メールやアプリ、サイトから手軽に情報を取得できるので、日常の備えとして活用していくもの良いでしょう。